婚活パーティー

結婚相談所のマッチングシステム

結婚相談所よりも自分の感覚が重要

ある結婚相談所でとてもいい人に出会いました。
彼は普通のサラリーマンで、真面目で実直なのがとりえのような男性でした。
私もこの人ならば結婚後も浮気などの心配をせずに安心できそう、と思っていました。

 

お互いの趣味が旅行という事で、一緒に小旅行を楽しんだり、二人で海外旅行のことを話しをしたりしていました。彼の細かいことを気にする癖が多少は気になりましたが、そんな事を気にしなければなかなか良い雰囲気でしたし、結婚相談所側からも「二人とも相性がバッチリです」と言われていたこともあり私はこの人と結婚するのかな?と漠然と思っていたのです。

やはりコンピューターでマッチングして『相性が良い』と出たということは、凄いことだと思うんです。

 

彼と付き合い始めて数ヶ月後のことです、私の小学生時代からの友人が彼に会いたいということもあり、三人で食事をすることにしました。三人で食事をしている時に友人が彼に「旅行ってどこに行ったんですか?」とか「○○ってどんな感じの場所ですか?」と聞いていたのです。
単なる話題づくりだったと思って私も一緒に聞いていたのです。
彼も笑顔で「○○はね、思っている以上に小さいんだよ、でも荘厳な感じがよかったな」なんて話をしてくれていたのですが・・・

 

家に帰ってから彼から電話があり「あの女性はなんだ」とクレームがついたのです。
友人がとくに失礼な態度をしたとは思っていなかったのですが、彼にとっては旅行のことはとてもプライベートなことなのに、色々と聞いてきた!と腹が立ったんだそうです。
他にも家族のことだの、仕事のことだの詮索された、とかなり怒っているのです。

 

友人は節度を守り聞いていたと私は思ったのですが、彼にとっては『一線を踏み越えられた』と感じていたようです。どうも、私と彼との間でこの辺りの価値観というか、考え方が大きく違ったようです。

 

彼は友人から謝罪が欲しいというような言い方をしていましたが、私にはどうしても友人には問題があったとは思えなかったために断わりました。それがキッカケで疎遠になり、現在に至っています。

 

結婚してからこのような事が分らなくて良かったですが、結婚相談所はいわゆる「表面的な相性」だけを調べて紹介してくれるってことが分りました。
その人の本当の価値観などは、実際に出会ってみなければ分らないものですよね。

 

結婚相談所から紹介されたから大丈夫、幸せになれる。と思っていた私は大きく間違っていたようです。結婚相談所で紹介される相手の人は、単純に「マッチング上相性が良い」という事だけなんですよね。出会った段階で「細かいことを気にする」という感覚が正しかったんですね。

 

これからはお見合いパーティーなど、出会いの段階で自分の感じたことを大切に婚活を頑張ります。

 


 

 

Vol.5 お見合いバーベキューは積極的に!

 

 

名古屋でお見合いパーティーを探すならこちら  >>

 

 

 

 

パーティー業者の紹介

お問い合わせ