婚活パーティー

お見合いパーティー参加前の準備

お見合いパーティー参加前の準備

婚活パーティーでのプロフィールカード記入のコツ

お見合いパーティーへの参加には、 前もって準備をしておいたほうがいいものが何点かあります。 当日焦らなくてすむように、前日までには整えておきましょう。

 

特に初めて参加する場合は、遅刻しないためにパーティー会場への道を確認しておいたり、交通機関の状況を調べておいたりすると、当日スムーズに動けると思います。

 

当日のシュミレーションをしておくこと

 

プロフィールカードの記入内容は、あらかじめ考えておきましょう。

当日大急ぎで考えたのでは、相手の心に響くプロフィールは書けません。差し障りがなく個性が見られない内容では、印象が薄くなってしまいますし、話のキッカケをお相手がつかみにくくなってしまいます。 とくに「これが自分のアピールポイントだ」と思えるところには力を入れておきましょう。プロフィールカードの書き方のコツも参考にしてみてください。

 

 

洋服の準備など

「第一印象が与えるチャンスは一度きり」といいます。 そしてまた第一印象次第でその後の扱われ方が違ってしまうのだそうです。 初めについてしまった印象を覆すのは、至難の業だということです。 「人は出会って6秒間で相手を判断している」 これは心理学者のメラヴィアン教授が見つけた「メラヴィアンの法則」というものです。

 

出会ってから目があって挨拶するまでがほぼ6秒、ここで第一印象が決まってしまうというわけです。 この6秒が与える印象には「表情」「話し方」「声」「清潔感」「着ている服の様子と色」「髪や髪型」「歯並 び」といったものがあります。 表情はやはり笑顔ということになりますので、日々鏡などで練習することをオススメします。

 

また何かに対して「嫌だな」と感じたときの表情が、人に不快感を与えるものだといけません。 話し方、声、歯並びなども一朝一夕では身につきませんので、ここでなんとか頑張れそうなものは「清潔 感」と「着ている服の様子と色」「髪や髪型」といったものでしょう。 清潔感のある髪型に努め、服が汚れていないように、しわがないように、女性ならば替えのストッキング   の用意といったところに心配りをしてみてください。

 

 

パーティー会場周辺のお店をチェックしておく。

これは男性のお役目ですが、もしカップルになったときにはお食事にお誘いするのがマナーです。 「お誘いしてもいいかな?」「はい」となった場合に「ここらへんは知らない」といった感じでエスコートできないと大変残念です。

特に女性はヒールを履いているでしょうから、あまり歩かせてもイケマセン。 万事スマートにコトが運べるよう、近場の「雰囲気がいいお店」を探しておきましょう。 あらかじめ調べておけば「どのくらいお財布に入れておけばいいかな?」という目安もつけることができますよね。

 

 

 

お見合いパーティーでの服装と身だしなみ:男性編

 

レギュラーパーティーに慣れたらエンタメ系にも参加!  >>

 

パーティー業者の紹介

お問い合わせ